年越しそばを食べるタイミングは、大晦日の夜に除夜の鐘が鳴り始めてからが一般的です。

年越しそばの由来|絶品年越しそばレシピをご紹介!

MENU

年越しそばの由来

 

年越しそばの意味と由来

 

日本では大晦日の午前0時前になると「年越しそば」を食べ始めるという風習がありますが、これはもともと蕎麦が他の麺類に比べて切れ易いことから「今年一年の厄を断ち切る」という意味を込めて大晦日の夜に蕎麦を食べるという風習が始まったとされています。

 

この年越しそばの風習は江戸時代に始まったと言われていますが、昔から蕎麦は身体に良いとされていたので大晦日の夜に年越しそばを食べる事で厄払いだけでなく、新しい年を健康な身体で迎えられるようにという願掛けの意味も込められていたようです。

 

年越しそばを食べるタイミングについては諸説ありますが、やはり大晦日の夜に「除夜の鐘が鳴り始めてからのタイミング」というのが一般的となっています。

 

ちなみに地域によっては年越しのタイミングではなく、元旦を迎えてから年越しそばを食べるという地方もあります。

 

 

美味しい年越しそばの作り方

 

年越しそば

 

年越しそばを作る場合、市販されているボイル済みの蕎麦を使ってシンプルな「かけ蕎麦」を作るというのが一般的な形だと思われます。

 

しかし、ちょっと工夫するだけでもプロも顔負けの美味しい年越しそばを作ることが出来るので、手間暇を惜しまず最高に美味しい年越しそば作りに挑戦してみるというのもひとつの手だと言えます。

 

蕎麦は基本的に茹でた麺ではなく「生麺」を用意し、食べる直前に茹でるように心掛けることが大切です。

 

また、ツユは市販のものを使っても構いませんが、出来ればカツオと昆布で出汁を取ってから市販のツユと混ぜた方が美味しく仕上がります

 

出汁の取り方としては先ず最初に沸騰させたお湯に昆布を浸し、昆布が浮いてきたらすぐに引き上げます。

 

次にカツオ節をたっぷり入れて一煮立ちさせ、さらに追い鰹を行ってからしっかり出汁が取れるまでお湯を沸騰させます。次に鰹節を越し、出汁だけを取り出したら市販の麺つゆと混ぜて「そばつゆ」の完成です。

 

次に蕎麦の茹で方ですが、生の蕎麦を沸騰させたお湯に入れて1~2分ほど茹で、麺を引き上げたら流水でヌメりを取ります。その後、麺にコシを出す為に氷水に浸して引き上げ、熱々のそばつゆに投入してからお好みの具材を乗せれば絶品年越しそばの完成です。