江戸時代に元旦に行われる宮中行事を庶民が真似てから、元旦におせちを食べる風習が広がりました。

おせち料理の起源はどこから?-焼き物の意味合い

MENU

おせち料理の由来

 

おせち料理の起源

 

現代の日本では当たり前のように食べられているお正月の「おせち料理」ですが、その起源について詳しく知る人は残念ながら少数派だと言えます。

 

おせち料理の起源は非常に古く、元々は「弥生時代」には既におせち料理の原型となる料理が存在していたとされています。

 

弥生時代の人々にとって「神様」は絶対的な存在であり、作物の収穫はすべて神様からの恵みだと考えていたので季節ごとに神様への感謝の意を示す為、「節供」と呼ばれるお供え物を用意して生活の節目には必ず祭壇にお供えしていたようです。

 

また、お供え物を料理して豊作や大漁を祈願し、自然の恵みに感謝しながら食べた料理のことを「節供料理」と呼んでいましたが、この節供料理が今でいうおせち料理の原型だと言われています。

 

そして時代は流れ、中国から「節句の行事」が伝来すると共に宮中では元旦になると「節会」と呼ばれる宴が催されるようになりここで振舞われた料理がおせちと呼ばれるようになります。

 

江戸時代になると元旦に行われる宮中行事を庶民が真似るようになり、元旦におせちを食べる風習は爆発的に全国へと広がっていく事になります。

 

 

おせち料理の焼き物が持つ意味合い

 

おせち料理には黒豆や数の子、田作りといった代表的な料理のほかにも海老やぶり、鯛といった魚介類が「焼き物」として供されている場合がほとんどです。

エビ

 

おせち料理に入っている海老には「海老のように腰が曲がるまで長生きできるように」との願いが込められており、昔から海老は長寿を願う食材として扱われてきた歴史があります。

 

また、ぶりは「出世魚」としても有名なので出世を願う意味を込めておせち料理として食べられるようになりました。

 

鯛の焼き物は「めでたい」の語呂合わせから、元旦や正月のような祝いの席に欠かせない定番食材としておせち料理に入れられるようになったと言われています。