おせち料理には食材ごとに意味があり、新しい年を迎えるにあたっての願いが込められています。

おせち料理の歴史|それぞれの具材が持つ意味とは?

MENU

おせち料理の歴史

 

おせち料理の歴史について解説

 

お正月といえば色とりどりの具材が散りばめられた「おせち料理」を思い浮かべる人も多いかと思いますが、元々は「神様にお供えした食べ物」をおせち料理と呼んでいたようです。

 

しかし、時が経つにつれて節句の中でも特に重要なお正月に出す料理の事を「おせち料理」と呼ぶようになり、その風習は現在まで受け継がれています。

 

おせち料理はお正月に家々を訪れて豊作や幸福をもたらしてくれるとされている「年神様」に供えるための料理です。

 

そのため、古来よりおせち料理は「縁起物」として扱われ、日本人の間で愛されてきました。

 

また、庶民の間では普段から炊事に追われがちな女性に休養を与えるため重箱に詰め込んだ保存食をおせち料理として正月の三が日に食べていたという説もあります

おせち

 

ちなみに一般的なおせち料理の食材としては、

  • 紅白かまぼこ
  • 伊達巻
  • 栗きんとん
  • 黒豆
  • 昆布巻き
  • 数の子
  • 菊花かぶ
  • ごぼう

などが有名であり、それぞれの食材に意味も込められています。

 

 

おせちの具材に秘められた意味

 

おせちの具材にはさまざまな種類がありますが、中でも「紅白かまぼこ」には日の出を象徴とし、紅にはめでたさと慶び、白には神聖という意味合いが込められています。

 

おせち料理の定番食材でもある「栗きんとん」は黄金色に輝く財宝を表現しており、豊かな一年を願うという意味が込められています。

 

甘くて見た目も艶やかな「黒豆」には丈夫や健康という意味が込められており、さらに「まめに働く」といった語呂合わせも存在するので昔からおせち料理には欠かせない食材として広く認知されています。

 

そしておせち料理の定番のひとつでもある「昆布巻き」は日本料理の必需品としても知られており、健康長寿を願う食材としても有名です。

 

数の子」はニシンの卵ですが、二親(にしん)からたくさんの子が出るので古来より子宝と子孫繁栄の象徴としておせち料理の定番食材として重宝されてきた歴史があります。