おせち料理を代表する祝い肴三種は、家族への様々な願いが込められています。

おせちの祝い肴三種とは?|それぞれの詳細と意味を紹介!

MENU

おせちの祝い肴三種について

 

おせち料理の祝い肴三種とは

 

おせち料理はお正月に欠かせない伝統料理として知られていますが、地域や家庭によってその中身は異なってきます

 

ただし、おせち料理の代表的な食材に関しては全国的に共通しており、たとえば「黒豆」と「数の子」、そして「田作り」はおせちの祝い肴三種と呼ばれ、おせち料理には欠かせない食材として広く親しまれています。

 

ちなみにこの三種の食材さえ揃えばおせち料理の形が整うと言われており、地域によってはこの祝い肴三種のみでおせち料理を構成するところもあります

 

祝い肴三種以外の食材として一般的なのは「煮しめ」と「酢の物」、「焼き物」などが挙げられますが、これも地域によって構成は微妙に異なってきます。

 

 

 

おせちの祝い肴三種それぞれの詳細

 

黒豆

祝い肴三種のひとつに数えられる「黒豆」には邪気を払って不老長寿をもたらしてくれたり、家族に健康をもたらす力があるとされています。

 

また、黒豆には「まめに働けるように」という語呂合わせもあり、家族が一年間しっかり働ける事を願う意味も込められています

 

ちなみに関西では柔らかくふっくらと仕上げるのが良いとされている黒豆ですが、関東地方では「シワシワになるまで長生き出来ますように」との願いを込めて黒豆がシワシワになるまで煮込むのが一般的となっています。

 

 

 

次に「数の子」ですが、おせち料理の祝い肴三種の中でも特にお酒に合う食材として知られています。

 

数の子はニシンの卵ですが、一腹に無数の卵が詰まっているので「子宝」や「子孫繁栄」という願いが込められており、縁起物としておせち料理には欠かせない食材のひとつです。

 

 

 

そして各家庭の個性が出る「田作り」は片口イワシの稚魚を素干しにして甘辛く煮詰めた料理です。

 

田作りという名は「今年も豊作になりますように」との願いが込められて付けられた呼び名で、古来より片口イワシが田植えを行う際の「肥料」として利用されていた事からこの名が付けられたと言われています。